ブログ

ホンダステップワゴンのエアコン不良は修理出来ます

ラジエター11
ブログ
こんにちわ。静岡市清水区で車の整備や車検を
行っている岩下モータスの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
ています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。
症 状
今回はホンダステップワゴンのエアコンが効か
ない問題を解決していきたいと思います。
お客様からあさイチは調子良くエアコンが効く
んだけど数分でエアコンが効かなくなるらしく
入庫しました。一体全体前言撤回!どういうこ
なのかはさておき、早速試運転をしていきたい
と思います。あさイチということで、暫くの間
車が冷えるまで待ち走り出しました。確かに
エアコンは効いています。マグネットクラッチ
の入りも良くかなり冷えています。10分くら
い経ちましたかねぇ。急にエアコンの冷えが悪
くなり、お客様の言っていた症状になりました
その後も冷えることはなく、まずはエアコンの
ガスの量と圧力を細かく測定してみることにし
ました。結果は何も問題はありませんでした。
この問題がないことが問題で、エアコン不良の
探求は実に難しい場合がほとんどです。
ボンネットを開けてコンプレッサーのマグネッ
トクラッチが入っているのにクーリングファン
が回っていません!
ここで故障原因が絞れて来ました。ガスの量も
圧力も正常なので電気系統とは思いましたが、
クーリングファンだったとは・・・・・・・・
実はこれだけでは無かったのです・・・・・・
ラジエター1
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
ここから長くなるので是非参考にしてみて下さ
いね。
まずはエンジンが寒冷時にエアコンスイッチを
オン!クーリングファンは右側ですが回ってい
ます。クーリングファンはコンデンサーを冷や
すファンで冷房力に直結します。左側はラジエ
ターファンでエンジンを冷やす役目になってい
てこのファンが回らないとエンジンはオーバー
ヒートしてしまいます。寒冷時なのでラジエタ
ーファンは回っていないのは正常です。
ん?まてまて!クーリングファンが回ってるや
ん!室内はキンキンに冷えています。しばらく
放置していると、急にクーリングファンが停止
状態になりました。即座に右の赤○のカプラー
を外しクーリングファンモーターをバッテリー
から直結します。
ま、回らん!どうやらモーターが熱を帯びると
モーターが回らなくなる見たくて、あるある
ですね〜。ということでクーリングファンモー
ターの交換となりました。ちゃんちゃん!
んなことはありませんでした!これから次から
次へと問題が・・・・・・・・・・・・・・・
次号に続く・・・と言いたいのですが一気に
ことを勧めていく所存であります!なぜならば
深夜2時のテンションだからです!
クーリングファンモーターを発注する前に色々
他も調べておこうと思いました。きっと他にも
原因はあると!まずは配線図とのにらめっこ!
とにかく完全暖気状態で電気系統を点検してい
きます。
クーリングファンモーター、ラジエターファン
モーター、ラジエターファンリレー、クーリン
グファンユニットが暖まると機能していないこ
とがわかりました。特にラジエターファンが
回っていないということは・・・・・・・・・
オーバーヒートを今まで良くしなかったなと
おもいました。お客様も通勤で15分位しか
使わないので、オーバーヒートまでは至らなか
ったのでしょう。
ラジエター2
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
原因が特定出来たので、いよいよ作業を進めて
行きたいとおもいます。まずはクーリングファ
ンとラジエターファンの2つを外す必要がある
ので、フロントグリルを外します。グリルは
8ミリのボルトを2本を外し、硬いクリップを
バキバキと引き抜きます。ホンダ様は頑固に
出来ているので、ある程度の勇気を持ってバキ
バキ外して下さい。黄色い矢印方向に抜きたい
ので赤○の8ミリボルトを外し、ステイ類を
外していきます。
ラジエター3
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
赤枠の部分が引き抜きたいクーリングファンと
ラジエターファンになります。なので黄色○
8ミリのボルトを2本外しモーターセンサーを
2箇所外せば上に持ち上げることが出来ます。
ラジエター4
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
赤枠の部分がクーリングファンとラジエター
ファンになります。分割型なのでラジエターの
アッパーホースを外し、ラジエターのスティを
外しておけば簡単に抜き出す事が出来ます。
ラジエター
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
左がラジエターファンで右がクーリングファン
になります。今回モーターだけの交換なので
費用を抑えるために、社外新品を使用していま
す。1個6,000円です。しかし2個とも
故障しているなんて・・・経験上なかなかない
ですねぇ。
とりあえずすべてを組み付けて、冷却水も補充
していきます。エンジンをかけてエアコンON
いい感じでクーリングファンも回っています。
電動ファンも確認したいので、しばらくエンジ
ンをかけていると・・・・・・・・・・・・・
先ほど述べた様に、クーリングファンが回って
いません!配線図を予め用意して、ある程度の
推測はしてあったので・・・・・・・・・下へ
ラジエター10
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
まずはエンジンルーム内のヒューズボックスを
確認していきます。赤枠の部分がカバーになっ
ているのでパカッと開けます。
ラジエター11
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
赤枠の部分がクーリングファンのリレーです。
黄色の部分がファンリレーとです。念のために
ファンリレーは交換するとして、クーリング
ファンリレーが今回の悪の根源でした。やはり
熱を帯びると、クーリングファンモーターの
配線に電気を流していませんでした。
ラジエター13
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
なのでクーリングファンリレーを交換していき
ます。まずはヒューズブロックを浮かす必要が
あります。必ずバッテリーのマイナス端子を
外しておきましょう。ここらでショートしてし
まうともう大変なことになってしまいます。
ラジエター18
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
これがクーリングファンリレーです。対策品に
なっているのか、品番がかなり違います。
すべてを組み付けて再度確認!問題なく作業を
完了できました。

 

 

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。
静岡市清水区由比入山1977
054-375-3083

▼▼▼▼▼▼▼▼チェック▼▼▼▼▼▼▼▼▼
修理情報や電装品の取付なども多数掲載してい
るので、ぜひ岩下モータースのホームページに
遊びに来てくださいね。
岩下モータースにGO~

▲▲▲▲▲▲▲▲チェック▲▲▲▲▲▲▲▲▲

ここで少し車検のご案内をさせて頂きます。
詳しい情報は岩下モータースの公式ページの
車検案内を御覧ください。
車検

いかがですか?静岡市清水区の岩下モータース
ではディーラー品質で低価な車検を
お客様に提案できます。見積もりまでは無料な
ので、是非とも岩下モータースまでお問い合わ
せください。

またナリタオートサービス様の公式ページの
ブログでも参考になる記事が沢山あるので是非
参考にしてみてください。
ナリタオートサービス

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP