ブログ

ホンダフィットのIМAシステム点検はIPU冷却フ…

フィット100
■■■■■■■■ブログ■■■■■■■■■■

こんにちわ。静岡市清水区で車の整備や車検を
行っている岩下モータスの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
ています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。
■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
今回はIМAの警告灯と修理方法を紹介してい
きたいと思います。
お客様から一週間前くらいから、謎の警告灯と
エラー音が聞こえる様になり、今日に至っては
警告灯とエラー音が連発しまくっているとのこ
とで、不安になり連絡を頂きました。
それはそうですよね~。心配にもなりますよね
と、言うことで早速エラーを故障診断していき
たいと思います。
追記・・・IМAシステムとは要はハイブリット
のことを指していて、ホンダ様の特別な呼び方
だと思ってもらえれば良いと思います。
フィット1
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
こんな有様です!白い矢印の部分は全部エラー
となっています。特に気になるのががバッテリ
のマークですね。充電が出来ていない?
こういったバッテリーマークが連発する症状は
初めて
のエラーなので、オルタネーターが故障
してい
るのかな?整備士あるあるですね〜。
フィット2
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
ということでバッテリーテストを開始!!
どーせチャージ不良って出るんでしょ~~~。
どーせオルタネーターを交換するんでしょ~。
良好!良好!良好!の3連発。なんでやねん!
チャージ出来てません、とメーターに出てまし
たやん!(只今、関西色多めで書き綴っており
ますので今しばらくご協力とご理解のほどよろ
しくお願いいたします・・・・・・・・・・)
どういうこと?再度テスト。結果は同じ・・
フィット100
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
あてもハズレ、今度はコンピューター診断を
行っていきます。ドキドキ。P1448
IPU冷却ファン回路異常?このエラーは初め
ましてですねぇ。色々ネットや資料で調べてみ
ると何やらメインバッテリー(IМA)を冷や
すファンモーター(IPU冷却ファン)か配線
かリレーかの異常みたいです。そもそもIPU
冷却ファンとは?端的に言うとメインバッテリ
ー本体を冷やす機能です。メインバッテリーが
熱をもってしまうと、本来の機能を発揮出来ま
せん。なので物理的に冷やしてあげる必要があ
ります。なのでまずは、
IPU冷却ファンの
ヒューズから確認をしてい
きたいと思います。
フィット3
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
赤枠の53番の10AがIPU冷却ファンの
ヒューズになります。インバーターなどの機能
背負っていますが、ここがミソです。色々な
資料をもとに算出できました。取説ではここま
でわかりません。47歳、恥ずかしながら老眼
になりながらも3度見くらいで確認できました

フィット5
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
ハイ、チーズ!パシャッ!配置図になります。
夏だし暑いし許して!(ため口だけども)
普段はこんなことは言わないけど、最近ブログ
が真面目とのご指摘があり、キャラ変と味変と
大変を掛け合わせながら、持前のポテンシャル
でなんとか、なんとかかんとか、で行きたいと
思います。という決意表明をこんな序盤でつま
づきながら・・・・・・・もし街で見かけたら
キャラ変した?とお声がけをしてくださいね!

全力でニコニコしながらハイ!とお答え致しま
す。実は私ごとでありますが、ゴルフにハマっ
てしまい沼状態でした。何を言いたいと言えば
自分の未熟さの乖離状態にありました。
ブログで少なからず発信している訳ではありま
すが、何者でも無い自分が・・・・・・・・・
フィット6
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
とういことで赤矢印の部分がIPU冷却ファン
のヒューズになります。ヒューズは切れていま
せんでした。となると配線かモーターという
ことになります。ここでニワトリが先か?卵が
先か?問題ですが、恐らくまだ車も新しく距離
も70000キロ程度ということで、配線の
ショートを追うよりも、モーターを確認してい
くのが近道かと。そもそも配線がショートして
いればヒューズは切れていると思います。
フィット7
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
艤装図になります。メインバッテリーはトラン
クルームの下部にあります。IPU冷却ファン
左後のタイヤ付近にあることがわかると思い
ます。今回はこのモーターを交換していきます
フィット10
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
ここからは高圧電源が多く張り巡らされている
のでゴム手袋を必ずして作業をします。まずは
赤○の部分のボルトを2本外します。このとき
サブバッテリーのマイナス端子も外しておいて
下さい。とにかく電源を完全にシャットダウン
します。もちろんリアゲートは閉めたら電源が
来ていないので開きません。なので作業が終わ
るまでは閉めることは出来ませんのでご注意く
ださい。
フィット11
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
蓋を開けたらブレーカーが見えて来ると思いま
す。赤矢印方向に押し上げて下さい。これで
メインバッテリーの電源を落とします。本当に
ここからの作業には十分注意してくださいね。
電気は目に見えないので恐ろしいです。
ここで余談ですが、ルパン三世の石川五右衛門
が、またつまらない者を切ってしまった。と
キメセリフがありますが、あれって、つまると
ころ、つまるつまらないの話ですかねぇ~。
すみません!と済みません!な感じ?これって
同音異義なのかな?
フィット18
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
はい、パワーケーブルを外して行きます。
印の3本を先に外します。最後に矢印のパワ
ーケーブルを外します。ここでの注意点はパワ
ーケーブルの端子の部分を絶縁テープで保護し
てくださいね。まさかのショートは事故に繋が
りかけないので。
フィット15
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
ブレーカーを落とすことが出来たらIМAの
バッテリーカバーを外します。鉄のカバーに
なっているので重たいです。カバーを外す事が
出来たら内部電圧を知りたいので赤○の部分の
Vを測定していきます。30ボルト以下であれ
ば大丈夫です。10分位の放置で0Vにはなっ
ていました。何はともあれこれで電圧のリスク
は少し回避できますね。それでもゴム手袋は
しておきましょう。
フィット20
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
それではメインバッテリーからフレームを離脱
させます。このフレームが邪魔でモーターを
抜くことが出来ません。フレーム自体はフリー
になればよいです。矢印の部分の10ミリの
ボルトを全部外します。ここで訂正ですが上の
画像で右上にも1本ボルトがあります。なので
合計10本になります。
フィット25
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
両サイドの内張りは全部外してください。私の
手順だと大変なので、今思えば先に内張りを
外してから、電源系の作業という流れがとても
スムーズだと思います。
フィット50
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
いよいよモーターが見えて来ましたね。先に
配線を外して下さい。本数は1本になります。
フィット58
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
先ほどフレームをフリーにしてあるので矢印の
方向に持ち上げてモーターの抜くスペースを
確保します。ここではモーターが抜ける程度で
構いません。
フィット60
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
ようやくたどり着来ました。これがIPU冷却
ファンになり、このモーターを今回交換しまし
た。作業の逆の順序で組み付けていきます。
バッテリーのマイナス端子も外してあるので、
エラーも消去されている状態になっているので
アイドリングで様子をみます。
またメインバッテリーが少ない場合は半分以上
溜まるまで様子をみます。
OK!ですね。最後にコンピューター診断をし
て不具合が無ければ作業完了となります。
IPU冷却ファンを外すにも様々の工程と知識
が必要となります。自己責任とはなりますが、
今回の作業は専門職にお任せした方が賢明と言
えますね。ご覧いただきありがとうございまし
た。

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼チェック▼▼▼▼▼▼▼▼▼
修理情報や電装品の取付なども多数掲載してい
るので、ぜひ岩下モータースのホームページに
遊びに来てくださいね。
岩下モータースにGO~

▲▲▲▲▲▲▲▲チェック▲▲▲▲▲▲▲▲▲
ここで少し車検のご案内をさせて頂きます。
詳しい情報は岩下モータースの公式ページの
車検案内を御覧ください。
車検
いかがですか?静岡市清水区の岩下モータース
ではディーラー品質で低価な車検を
お客様に提案できます。見積もりまでは無料
ので、是非とも岩下モータースまでお問い合わ
せください。

またナリタオートサービス様の公式ページの
ブログでも参考になる記事が沢山あるので是非
参考にしてみてください。
ナリタオートサービス

最近の記事

  1. エアコン17

    2024.05.28

  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP