ブログ

ニッサンセレナHC26のオーバーヒートの原因は…

■■■■■■■■ブログ■■■■■■■■■■
こんにちわ。静岡市清水区で車の整備や車検を
行っている岩下モータスの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
ています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。
■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
!!
セレナ
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
ラジエターからの冷却水の漏れはありません。
オーバーフローのあるあるですが、電動ファン
のモーター不良かサーモスタット不良が考えら
れます。まずは電動ファンモーターから点検
していきます。点検方法はエアコンスイッチを
ONにしてファンモーターが正常に回るか電動
ファンモーターを直結にして回るか?
いきなりビンゴでした!エアコンスイッチを
押してもモーターは回りません・・・・・・・
ラッキー!
セレナ10
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
早速ファンモーターを外して行きます。ただ
このファンモーターを外すのがとてもやっかい
です(笑)
セレナ2
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
まずはメインバッテリーとサブバッテリーを
外します。ここが第一関門です。両バッテリー
のステイとその下のハーネスを移動します。
なぜならばファンモーターを抜き出すにここの
スペースが非常に重要になるからです。なんで
この辺のハーネス関係は避ける作業が必要です
セレナ3
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
はい!フロントバンパーも、もちろん外します
更にラジエターマウント、レインフォースなど
ラジエターの全面に着いているものは全て外し
ていきます。
ここまで来るとおおごとですね。
セレナ4
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
こんな感じで前回りと左前方のエンジン側を
バラして行きます。
セレナ5
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
なかなかバラして来ました。ラジエターファン

赤矢印方向に抜き出すので、バッテリー関係
やハーネスなどは処理しましょう。
かなり難易度が高いので、はメカニックにお願
いしましょう。
セレナ6
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
この子がラジエターファンモーターになります
結果はわかってましたが、モーターの単体点検
をしてみました・・・・・・・・もちろん不動
セレナ12
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
普段はここまでしないのですが、視聴者さまの
ために。モーターを分解したところ赤矢印
鉄粉のカスがゴッソリでてきました。
これはブラシの粉が・・・・・・・・・・・・
話すとあと2千文字くらいいくので割愛します
セレナ7
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
今回はリビルト品での対応です。純正品の定価
半額以下で抑えることができました。
セレナ9
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
仮に1度オーバーヒートしているので、安全面
を考慮したサーモスタットも交換しておきまし
た。以上の流れで無事に修理完了となります。
今回の作業はユーザー様には到底できないので
知識のある修理工場に依頼しましょう。

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼チェック▼▼▼▼▼▼▼▼▼
修理情報や電装品の取付なども多数掲載してい
るので、ぜひ岩下モータースのホームページに
遊びに来てくださいね。
岩下モータースにGO~

▲▲▲▲▲▲▲▲チェック▲▲▲▲▲▲▲▲▲

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ここで岩下モータースについて少しご案内をさ
せて頂きます。見逃し厳禁↓お得な情報が盛り
だくさん掲載されているので是非ご覧ください
弊社では、静岡市清水区で女性一人でも安心し
て来客出来る店舗です。
代車はもちろん無料提供し入庫から納車まで
行っております。修理には中古品やリビルト品
を使用しています。
いかがですか?岩下モータースではディーラー
品質で低価な車検や整備を、お客様に提案でき
ます。見積もりまでは無料なので、是非とも
岩下モータースまでお問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
またページの下部では試験的に弊社とAIの
生成文章をこの記事のまとめとして掲載してい
るので、暇な時に確認してみてください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
ここで関連同業者様のご紹介をさせて頂きます

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
千葉県にあるナリタオートサービス様の
公式ページのブログでも参考になる記事が沢山
あるので是非参考にしてみてください。
ナリタオートサービス
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
山形県寒河江市の女性ひとりでも怖くない
自動車整備工場、北斗クラフト様。
お客様とのエピソードを中心にしたブログを
更新しています。
有限会社 北斗クラフト

▼▼▼▼▼▼▼▼▼まとめ▼▼▼▼▼▼▼▼▼
日産セレナHC26がオーバーヒートする原因は
いくつか考えられ
ます。 1. クーラント不足:
クーラントが不足しているとエンジンの冷却
効果が低下し、
オーバーヒートの原因となり
ます。
クーラントの漏れや消耗が起きている
可能性があります。 2. サーモスタットの故障
サーモスタットはエンジンの温度を制御する
役割を持っています。
故障していると正常な
冷却が行われず、
オーバーヒートが起こること
があります。 3. ラジエーターの詰まり
ラジエーター内部に汚れや異物が詰まっている
と、
冷却効果が低下しオーバーヒートの原因と
なります。 4. ウォーターポンプの故障
ウォーターポンプはクーラントを循環させる
役割を持っています。
故障しているとクーラン
トの流れが滞り、
オーバーヒートが起こること
があります。 これらの原因の中から、
具体的
な原因を特定するためには専門の整備士による
点検が必要で
す。オーバーヒートが続く場合は
早めに整備工場に相談することをおすすめしま
す。

最近の記事

  1. エアコン17

    2024.05.28

  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP