ブログ

スズキDA64Wのエブリィのオーバーフローを修理…

■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
こんにちわ。岩下モータスの望月です。
今回はスズキのエブリィの冷却水のオーバー
フローの修理方法を説明していきたいと思いま
す。
お客様からボンネットから白い煙が出でいると
慌てて連絡がありました。今日の気温は35度
と猛暑日Σ(゚Д゚)
急にエアコンが効かなくなり、しばらくすると
ぼあーーーんと、白煙(実は水蒸気です)
出て、直ぐに路肩に停止。外に避難。
ボンネットからボコボコ音が聞こえて、恐ろし
かったそうです。
興奮気味で状況を聞いて、なんとなく故障個所
がわかりまし。
さっそく修理開始です!まずはラジエターの
圧力テスト。水漏れはなさそうです。
これはスズキのあるあるなんですが・・・・
サーモキャップの(ラジエターキャップみたい
な感じ)故障です。
ラジエターのサブキャップ
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
赤○の部分がサーモキャップです。
このキャップがクーラントの通り道を制御して
いるのですが、ここがつまるとオーバーフロー
をおこしてしまいます!オーバーフローとは
なんぞや?ですよね!
弁が閉まり行き場のないクーラントは圧力が
かかり、リザーブタンクに逆流します!
そうすると一気にクーラントがあふれ出し
ラジエターやエンジン内部の冷却水が無くなり
オーバーヒートにいたりますΣ(゚Д゚)
冷却水のオーバーフロー
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
ラジエターのサブタンクは熱を持ってしまい
変形してしまったので、新品交換です。経験上
記憶にないですね。冷却水には不凍液というの
もが含まれていて、沸点を下げる効果もありま
す。それでもタンクが変形するということは
考えにくいです。チョットした疑問は残りまし
た・・・・・・・。
サーモケース
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
サーモケースにアクセスするためには両サイド
のシートを外しセンターカバーをずらす必要が
あります。意外とスペースがないので、注意が
必要となります。交換したらエアー抜きが必要
となってくるので、6ミリのボルトを緩めて
おきます。
サーモスタット交換
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
サーモキャップとハウジングとサーモスタット
を交換して無事に修理完了!
試運転後に再度エアー抜きと冷却後に冷却水を
補充!あとはスズキの愛車無料点検ををして
無事に納車しました!
今回はお客様も白煙がでてとてもびっくりされ
たと思います。こうならないためにも日ごろか
ら車両点検をおこなっておきたいものですね。

▼▼▼▼▼▼▼▼参 考▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
関連記事はこちらからどうぞ
スズキののオーバーフローの別の記事も紹介し
います。是非参考にしてみてください。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。

修理情報も盛りだくさん
岩下モータースにGO~
 

 

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP