ブログ

    キャンターのスパナマークの警告灯はオイルリセッ…

      ■■■■■■■■ブログ■■■■■■■■■■
      こんにちわ。静岡市清水区で車の車検や整備を
      行っている岩下モータースの望月です。
      こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
      チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
      出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
      ています。
      必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
      てください。
      ■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
      警告灯1
      ↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
      エンジンオイルの交換時期が過ぎると、警告灯

      (ウォーニングランプ)が点灯します。
      これを消去する方法が少し厄介で、メーター内
      のボタンではリセット出来ません。
      なので今回は簡単なリセット方法を紹介して
      いきたいと思います。
      警告灯2
      ↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
      まずはキーON!
      この時はエンジンはかけません。
      アクセルペダルを全開に踏み込んだまま20秒
      以上保持。
      そのままブレーキペダルを6回以上踏み込み
      10秒後に消灯します。
      後はかるく走ればスパナマークは消灯します
      簡単ですよね!

      岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
      を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
      間お守りしております。
      お車のチョットした疑問などを解決できる様に
      日々心がけております。
      また修理の見積もりのご依頼も承っております
      ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
      お問い合わせください。

      ▼▼▼▼▼▼▼▼チェック▼▼▼▼▼▼▼▼▼
      修理情報や電装品の取付なども多数掲載してい
      るので、ぜひ岩下モータースのホームページに
      遊びに来てくださいね。
      岩下モータースにGO~

      ▲▲▲▲▲▲▲▲チェック▲▲▲▲▲▲▲▲▲

      ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      ここで岩下モータースについて少しご案内をさ
      せて頂きます。見逃し厳禁↓お得な情報が盛り
      だくさん掲載されているので是非ご覧ください
      弊社では、静岡市清水区で女性一人でも安心し
      て来客出来る店舗です。
      代車はもちろん無料提供し入庫から納車まで
      行っております。修理には中古品やリビルト品
      を使用しています。
      いかがですか?岩下モータースではディーラー
      品質で低価な車検や整備を、お客様に提案でき
      ます。見積もりまでは無料なので、是非とも
      岩下モータースまでお問い合わせください。

      ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
      またページの下部では試験的に弊社とAIの
      生成文章をこの記事のまとめとして掲載してい
      るので、暇な時に確認してみてください。

      ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
      ここで関連同業者様のご紹介をさせて頂きます

      ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
      千葉県にあるナリタオートサービス様の
      公式ページのブログでも参考になる記事が沢山
      あるので是非参考にしてみてください。
      ナリタオートサービス
      ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
      山形県寒河江市の女性ひとりでも怖くない
      自動車整備工場、北斗クラフト様。
      お客様とのエピソードを中心にしたブログを
      更新しています。
      有限会社 北斗クラフト
      ▼▼▼▼▼▼▼▼▼まとめ▼▼▼▼▼▼▼▼▼
      キャンターのオイルリセット方法は以下の手順
      に従って行います。車両を停止し、エンジンを
      切ります。ボンネットを開き、エンジンオイル
      キャップを見つけます。オイルキャップを取り
      外し、
      エンジンオイルを注ぎ入れるための注油
      口を見つけます。オイルフィルターを取り外し
      ます。
      これには専用のフィルターレンチが必要
      な場合があります。新しいオイルフィルターを
      取り付けます。
      フィルターにオイルを塗布して
      おくと取り付けがスムーズになりま
      す。オイル
      ドレンプラグを見つけ、ドレンパンを用意しま
      す。ドレンパンを使って古いエンジンオイルを
      排出します。
      ドレンプラグを緩め、オイルが完
      全に排出されるまで待ちます。ドレンプラグを
      締め、
      新しいエンジンオイルを注油口から注ぎ
      ます。
      オイルの量は車両のマニュアルに従って
      確認してください。エンジンオイルキャップを
      取り付け、ボンネットを閉じます。エンジンを
      始動し、オイル警告灯が消えるまで数分間待ち
      ます。エンジンを再び停止し、オイルレベルを
      確認します。
      必要に応じてオイルを追加します
      以上がキャンターのオイルリセット方法です。
      ただし、
      車両の年式やモデルによって手順が異
      なる場合がありますので、
      車両のマニュアルを
      参考にすることをおすすめします。

       

      最近の記事

      1. ステアリングスイッチ
      2. ボンゴ6
      3. ヒューズ4
      4. 警告灯1
      5. プラグ交換7

      カテゴリー

      2024年1月
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031 
      PAGE TOP