ブログ

キャンターの始動不良を超解説!これで解決できます

■■■■■■■■ブログ■■■■■■■■■■
こんにちわ。岩下モータースの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
出来る様にブログを公開しています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。
■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
今回はキャンターの始動不良の原因をご紹介し
ていきます。お客様から現場でキャンターの
エンジンがかからないとのことで、いろいろな
道具を持って現着!早速エンジンキーをON!
かかりません。バッテリーは正常なのでグロー
かセルモーターだと判断しました。グロー(余
熱)はあるのでセルモーターだなと思い・・・
実はハンマーも持ってきていました。

セルモーター1
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
この赤枠の部分がセルモーターになります。
キャビンを上げると見えるはずです。取り付け
場所が真ん中にあるので、上からも下からも
アクセスしにくいです。
セルモーター2
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
あらかじめ持ってきたハンマーも届かず、付近
にあった鉄の棒を拝借。セルモーターを赤矢印
方向に鉄の棒で叩きます。この時に重要なのは
キーを回しながら叩くことです。なのでこの
作業は二人でなくては出来ません。
コン!コン!コン!エンジンはあっさりとかか
りました!とにかくエンジンを停めずに工場に
ピットイン。
セルモーター3
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
早速セルモーターの単体点検をします。まずは
バッテリーのマイナス端子を外しておきます。
そうすることで作業中のセルモターのプラス側
のショートを防ぐことが出来ます。
画像ではありませんが、セルモーターに付いて
いる端子二つを外しておきます。
セルモーター5
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
こんどは車両の下側から赤○の部分ボルトを
2個外すことでセルモーターは簡単に外すこと
が出来ます。意外と重たいので注意が必要です
セルモーター6
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
セルモターは赤矢印方向に抜いていきます。
ここまでの作業でセルモーターは簡単に外す事
が出来ると思います。
セルモーター8
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
これからセルモターの単体点検に入っていきた
いと思います。予備バッテリーとバッテリー
コードを使用してプラスマイナスを間違えない
ようにしてください。またセルモターのアース
はボディーアースをとり、プラス側はフリーの
状態で準備完了です。
セルモーター10
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
矢印の部分がピニオンの電源で矢印の部分
がモーターの回転動力電源になります。
セルモーター12
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
まずはプラス側を端子に接続します。
セルモーター13
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
するとピニオンがカチンと突き出しました。
これでピニオンは正常だと確認できます。また
ピニオンの突き出し方が弱い場合には不良とい
えます。正常な場合にはピニオンが突き出した
時の振動でセルモター本体が動いてしまうくら
いです。
今度はプラス側を端子に接続します。モータ
ーの回転動力となりますので、これでモーター
が回らないのであれば・・・・・・・・・・・
全く回りません!これでセルモター本体の不良
が確認できました!
セルモーター15
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
ようやく最終的に原因が追究できセルモーター
の交換となります。いかがでしたでしょうか?
セルモターはエンジンをスタートさせる際に
必要なモーターです。今回の様にある日突然に
故障してしまうとエンジンはかからなくなって
しまいます。日々の点検はやはり必要といえる
と思います。

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
修理情報も盛りだくさん掲載してあります!!
岩下モータースにGO~
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP