ブログ

ハイゼットカーゴのオルタネーターの交換方法!

■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
こんにちわ。岩下モータースの望月です。
今回はダイハツのハイゼットカーゴのオルタネ
ーターの交換方法を紹介していきたいと思いま
す。お客様から夜にいきなりバッテリーマーク
が点灯したとのことで入庫しました。
原因はテスターにかけたところオルタネーター
のチャージ不良でした(やっぱりね)
オルタネーターがチャージしていないというこ
とはバッテリーが充電されず、いずれエンジン
がかからなくなりますΣ(゚Д゚)
ということでオルタネーターを交換していきた
いと思います。
交換部品
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
赤枠の部分がオルタネーターになります。
オルタネーターを外すには3本の外ベルトを
外していかなければなりません。
ショート防止
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
まずはショートしないようにバッテリーのマイ
ナス端子をはずします!赤○の部分ですね。
端子を2個外す
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
さらに3極のカプラーと電圧端子の合計2本を
外していきます。
隙間からソケットを入れます。
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
今度は一番外側のパワステベルトを外します。
赤○の部分が支点になり赤矢印の部分が調整の
ボルトになります。共に緩めておきます。
緩めるだけです。
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
今度はエアコンのベルトを外していきます。
赤○の部分が支点ボルトを緩めます。
調整用ボルト
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
同時に赤○の部分の調整用ボルトも緩めます。
支点も緩めます。
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
いよいよ本題の今回脱着したいオルタネーター
ですね。赤○の部分の支点ボルトは抜きます!
ベルトが外れた全体図
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
さらにオルタネーターの調整用ボルトを外した
らこんな感じで3本のベルトが外れます!
下側に抜いていきます。
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
オルタネーターは上にも下にも抜くことは出来
ますが今回は矢印方向に(下方向)にはずして
いきます。
中古部品で交換しました。
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
今回は中古部品で対応させて頂きました。
プーリーの錆がひどかったので、プーリーと
外ベルトを交換して、チャージングテスト!!
問題なく修理完了しました。

■■■■■■■■まとめ■■■■■■■■■■
走行距離が22万キロΣ(゚Д゚)
初めてのオルタネーターの交換(良くもった方
だなぁ~)でした!

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大事なお車の
修理を行っております。
地域に45年!そのノウハウで販売、修理
鈑金塗装等、幅広い仕事をさせて頂いて
おります。
お車のチョットした相談や見積もりなど
静岡市清水区の岩下モータースに
お気軽にお問い合わせください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://shizuoka-syaken-seibi.com/

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP