ブログ

ハイゼットS200Pのリアブレーキの交換と修理。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今回はS200Pダイハツハイゼットのブレー
キのオーバーホールです。
みなさんに意外としられていない、ドラム式の
リアブレーキの修理です。ディスクパット式な
らパットの減りが目視出来る場合や、キーキー
と音が鳴りパットが減っているなと、判断でき
ます。でもドラム式の場合はリフトアップして
ドラムを外さないと、ブレーキの状態がわかり
ません。だいたいの場合はブレーキシリンダー
のオイル漏れが多いですね。シリンダーに
ついているゴム(カップ)部が経年劣化により
ブレーキオイルが漏れ、ブレーキが効かなくな
ります。
カップ部の交換
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
赤○の部品がブレーキのカップ部分です。
カップシリンダーの展開画像
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ビニールに入っているのがブレーキのカップ
キットといわれるもので、このゴムが劣化する
とブレーキオイルが漏れ、ブレーキが効かなく
なりますΣ(゚Д゚)
とても恐いですよねぇ~。
そうならないためにも、普段から点検交換を
お勧めしています。では早速分解していき
ますね。
シリンダーの外した画像
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
完全にシリンダーを外します。それからゴムの
部分を新品に交換。シリンダー内部は綺麗に
磨き清掃。組付けてからブレーキのエアーを
抜き、最後にブレーキの利き具合を点検。
ざっとですが、ここまでが修理工程です。
この修理はプロにお任せしましょう。
なかなか知識がないと出来ない修理ですし
ブレーキ修理はお客様の命を預かるものです。

▼▼▼▼▼▼▼▼参 考▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
関連記事はこちらからどうぞ
ブレーキの修理を多数掲載しています。
参考にしてみてください
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大事なお車の
修理を行っております。
地域に45年!そのノウハウで販売、修理
鈑金塗装等、幅広い仕事をさせて頂いて
おります。

お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
のでお気軽にお問い合わせください。

静岡市清水区の岩下モータースに
お気軽にお問い合わせください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://shizuoka-syaken-seibi.com/

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP