ブログ

スズキのМH44SのワゴンR。ISGベルト交換。

■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
こんにちわ。岩下モータスの望月です。
今回はスズキのМH44SのワゴンRベルトの
交換です。このISGベルト交換は特殊工具が
ないと交換できませんΣ(゚Д゚)
ベルトの張りを調整するのはテンショナーや調
整用スティなどが用いられますが、近年の車両
にはISGベルトやストレッチベルトなどの
特殊なベルトが増えてきています。
МH44SのワゴンRはその両方が装備されて
いるので、知識と特殊工具がないと交換できま
せんΣ(゚Д゚)正直言って今回は苦戦しました!
その苦戦っぷりをお届けしていきたいと思いま
す。
剥がれたベルト
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
走行中に粉砕したベルト達です!お客様も突然
バタバタと異音がしたのでビックリして急停車
したとのことです。ISGベルトはアイドリン
グストップやブレーキ充電などでかなりベルト
に負荷がかかるらしく、前兆もなくプツンと
切れるらしいです( ´∀` )

↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
まずはリフトアップをして赤枠の部分のアンダ
ーカバーをはずしていきます。クリップはだい
たい10個くらいですかね。割れやすいので
注意が必要ですねぇ~。
SST
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
これが特殊工具になります。テンショナーを
ガイドで引き上げてベルトを脱着するだけのと
てもとても高価な道具ですね。一本のベルトを
外すのだけなんだけどね~(この辺から徐々に
苛立ちがぁ)色々考えてもしかたがないので
作業にとりかかります。
新品交換
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
左側がテンショナーになります。油圧式でオイ
ル漏れも起こしていたので交換していきます。
赤○の部分を17ミリのボックスで負荷をかけ
てベルトを外したくなりますが、決してやめて
下さい!!ボルトがなめます!!
そんな時の特殊工具ですね。

↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
赤矢印の部分がスペーサー付きのボルトで黄色
矢印の部分が10ミリボルトになります。
テンショナーは合計2本のボルトですね。狭い
のでクランクプーリーを外したいところですが
クランクプーリーを抜くのにはエンジンを少し
下へずらす必要があります。ひぇーーーーーー
ってなっちゃいますよね。なのでクランクプー
リーを外さず、気合で!

↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
テンショナーが付きました。独り言は徐々に
増えていきます( ;∀;)

↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
赤矢印の部分のエンジンマウントのボルトを外
します。1本なのでエンジンが脱落することは
ありません。スペーシアとハスラーはアースボ
ルトを外してスペーサーをかう必要があります
。ベルトを交換するだけですけど( ´∀` )

↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
こんな感じで特殊工具を装着していきます。
赤矢印の部分のエンジンマウントボルトを締め
付けて準備完了。画像にはありませんが左の
穴に特殊工具を調整止めをするボルトがありま
す。特殊工具ってホント特殊ですね!この辺で
は私もかなり呆れています。

↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
まだまだいきますよ~。先ほどのテンショナー
の支点(赤○の部分)に特殊工具の(黄色矢印
)ガイドをはめ込みます。六角でなくて〇で
よくない?六角だとみんなボックスをはめたく
なりますよね?話せば長くなりそうなので割愛
させていただきます。

↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
赤枠の部分にカチッとガイドをはめ込みます。
ここからは独り言になるので、お見苦しい話に
なるかもしれません。あくまでも独り言なので
スルーして下さいね。
(しかしながらどういった経緯でこの仕様を
採用したのか分からない!最近ではとにかく
軽量化を目指して、スペアタイヤは無くなるし
ベルトテンショナーも無くして、外装も鉄板か
らプラスチックに移行されて、配線類は銅線か
らアルミに変えることにより30キロ減に。
このテンショナーも削減だろうけど、おそまつ
すぎではないかい・・・・・プンプン)


↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
気を取り直して作業進行。この部品はストレッ
チベルトを購入すると付いてくるガイドです。
右側はクランクプーリーにはめ込み、左側は
ウォーターポンプのプーリーにはめ込みます。

↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
あとは赤○の部分のクランクボルトを時計回り
に回してストレッチベルトをおさめます。
ベルトの調整はないのでエンジンをかけて様子
をみてベルト交換の終了です。

↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
もう最後は画像もピンボケ( ´∀` )
でもとてもやりがいがありました!

■■■■■■■■まとめ■■■■■■■■■■
特殊工具の重要性を改めて痛感しました。これ
からも色々は人と情報交換をして、知識を高め
て行きたいと思います。

▼▼▼▼▼▼▼▼参 考▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
関連記事はこちらからどうぞ
ベルト交換などの修理を多数掲載しています。
参考にしてみてください
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大事なお車の修理を
行っております。
地域に45年!そのノウハウで販売、修理
鈑金塗装等、幅広い仕事をさせて頂いて
おります。

お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
のでお気軽にお問い合わせください。

静岡市清水区の岩下モータースに
お気軽にお問い合わせください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://shizuoka-syaken-seibi.com/

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP