ブログ

ダイハツタントカスタムのオーバーヒートの修理【…

■■■■■■■■ブログ■■■■■■■■■■
こんにちわ。岩下モータースの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
ています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。
■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
今回はダイハツタントカスタムのバッテリーあ
がりで入庫しました。
そんなにバッテリーも悪くなさそうなので
ブースターケーブルでエンジンをかけて、暫く
様子を見ることにします。数分後・・・・
オーバーヒート1
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↑の画像の黄○の部分をご覧くださいΣ(゚Д゚)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
大改造!!劇的ビフォーアフター風
なんということでしょう~
なんともオーバーヒートの赤ランプが艶やかに
点灯してるではありませんかぁ~。
長年、苦楽共にしてきたダイハツタントカスタ
ム様とお客様の築きあげてきた・・・完(笑)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
冗談はさておき、最近の車の水温計はゲージの
タイプではなくなり、緑のtempマークか赤の
temp(ホットorオーバーヒート)のどちらかが
メーターパネルに表示される使用になって
います。tempマーク式は突然点灯してくれる
ので意外と分かりやすいですね。
今回はバッテリー上がりからの、オーバーヒート
の修理となりました。
お客様は普段、買い物くらいしか使わず、遠出
はしないとのことですが、最近エアコンの効きが
悪くて・・・・
はい!ラジエターファンモーターの故障ですね!
以前のブログでファンモーターのテストのしかた
を紹介させて頂いているので、今回は割愛させて
いただきます。
案の定、ファンモーターが動いて
いませんでした!
では、早速作業開始!!
まずは、フロントバンパーを外します。

オーバーヒート2
オーバーヒート3
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↑こんな感じでバンパーが外れました。
そしたら赤○のレインフォースとフードロック
などを外し、ラジエターを外す準備をします。

オーバーヒート4
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↑こんな感じですね。
今回はコンデンサーを外さないように(エアコ
ンガスを抜かないタメに)ラジエターだけを
上に抜いていきたいと思います。

オーバーヒート5
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
上の黄○がコンデンサーです。
コンデンサーを前に押し出したいので
フレームとコンデンサーの結合部である金具や
ステイなど、なるべくコンデンサーがフリーに
なる様にして、赤矢印方向にずらします。

オーバーヒート7
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↑そうすると、ラジエター引き出すスペースが
できます。さらに黄○がラジエターですが
赤矢印の方向に引き出します。
オーバーヒート8
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
抜いたラジエターから、ファンシュラウドごと
外します。上の画像が電動ファンです。
今回は中古部品で対応させて頂きました。
あとは逆の手順で組み付けて、作業完了です。
今回はバッテリーあがりからの、オーバー
ヒートでしたが、早く気付いてよかったです。

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
修理情報も盛りだくさん掲載してあります!!
岩下モータースにGO~
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP