ブログ

ホンダNワゴンのシフトレバーが動かない!それ解…

■■■■■■■■ブログ■■■■■■■■■■
こんにちわ。岩下モータースの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
ています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。
■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
今回のホンダNワゴンの症状は、お客様から
最近シフトレバーの入りが悪く、抜けにくいと
一ヶ月前くらいから続いていたらしく、とうと
うDレンジに入ったままシフトレバーが動かな
くなったとの事で遠方からそのまま弊社に来て
頂きました。
この症状はホンダさんに多く、私もシフトレバ
ーワイヤーの修理をしたことがあり、かなり
類似している症状なので、シフトレバーワイヤ
ーからの修理から入って行きました。
後にとんでもないことが発覚しました・・・・
何はともあれいざ修理開始です。
パネル1
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
まずはエアコンパネルを外して行きます。この
パネルですが、とんでもなく外すのが大変で、
ツメやクリップもかなり硬いので注意が必要で
す。
パネル2
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
次に運転席側のトリムを外して行きます。
印の方向に内張り剝がしでこじりながら脱落を
させていくのですが、トリムが割れるのではな
いかくらいに非常に硬いので、注意してくださ
い。
パネル3
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
さらに助手席がわのダッシュボード付近にある
買い物かごのフックも外します。ビス2本で
簡単に外すことができます。
パネル4
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
今度は運転席側のフットブレーキの上部に1本
のビスが止まっているのでこれも外します。
非常に分かりづらいので、画像を参考にしてみ
てください。
パネル5
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
いよいよパネルを外して行きます。ここが一番
やっかいです。赤線に沿ってパネルを分割する
様に外しますが、とてつもなく硬いです。変形
してしまうか恐れがあるので、予めパネルを
温めてからの作業をお勧めいたします。
しかしホント固い・・・・・・・・・・・・・
パネル7
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
これでパネルは外れたと思います。赤矢印
部分がシフトレバーワイヤーになりますが画像
では分かりづらいですが、問題はなさそうです
パネル8
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
やはりシフトレバーは動かず、シフトノブを
分解していきます。分解は至ってシンプルで、
内張り剝がしでパかっと分解します。
パネル10

↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
あぁーーーーーーーーー。破損していますね。
プラスチックの欠片が邪魔してシフト解除を
出来ない状態になってました。
お客様に聞いてみると以前もディーラーで修理
をしてもらったらしく、今回で2回目に・・・
これはもうリコールレベルですね。なんせこの
症状は多いので、気になった方は是非確認して
みてくださいね。

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼チェック▼▼▼▼▼▼▼▼▼
修理情報も盛りだくさん掲載してあります
岩下モータースにGO~

▲▲▲▲▲▲▲▲チェック▲▲▲▲▲▲▲▲▲

■■■■■■■■ご案内■■■■■■■■■■
車検
いかがですか?ディーラー品質で低価な車検を
置きゃ様に提案できます。
見積もりまでは無料なので、是非とも弊社の
岩下モータースまでお問い合わせください。

またナリタオートサービス様の公式ページの
ブログでも参考になる記事が沢山あるので是非
参考にしてみてください。
ナリタオートサービス

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2023年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP