ブログ

ダイハツムーヴL150Sのアイドリング不良は清…

アイドリング17
■■■■■■■■ブログ■■■■■■■■■■
こんにちわ。静岡市清水区で車の整備や車検を
行っている岩下モータスの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
ています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。
■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
こんにちわ。9月に入ってもまだまだ暑いです
ね〜。みなさん熱中症対策を忘れずにしてくだ
さいね。
さて今回はダイハツムーヴのアイドリング不良
の修理方法を紹介していきたいとおもいます。
お客様から2ヶ月前くらいから、信号待ちや
坂道での加速不良が頻繁にあり、最近ではエア
コンを使うと走行困難になるとのことで、連絡
がありました。早速入庫しましたが、とっても
走れる状態ではありません。エアコンを切れば
なんとか走れるレベルですがこの夏にエアコン
無しでは・・・・・ということでピットイン!
ここでのダイハツ様の特徴として、ダイレクト
コイル、プラグの失火かスロットルボディーの
不具合があげられます。今回はプラグやダイレ
クトコイルは正常に作動していてアイドリング
もバラツキがないので、スロットルボディーを
疑い修理をしていきたいと思います。
私の経験上ダイハツ様のアイドリング不良は
ほとんどスロットルボディーの不具合の一択と
なります。逆にスロットルボディーでない場合
で治らなかったケースは稀なので、是非参考に
してみて下さいね。では修理方法を紹介してい
きたいと思います。
アイドリング1
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
赤○の部分がスロットルボディーとなります。
このスロットルボディーを外して修理していく
のですが、簡単には外すことが出来ません!
意外とパッキンなどの部品もでるので、是非と
も参考にしてみて下さいね。
アイドリング2
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
まずはアッパーケースを外します。ジャバラ

ホースも外して行きます。ここまでは簡単です
ね〜。出来ればこの時点でバッテリーのマイナ
ス端子を外しておくことをオススメします。
これから色々な配線を外していくので、万が一
にキーオンをしてしまうことで他のエラーを
拾ってしまうことがあるので、なるべく配線の
ショートやエラーを防ぎたいので、対策として
端子は外しておきましょうね。ここは賛否は
あるかもですが、私はこの先の自己学習機能の
こともあり、外して行きます!このひと手間で
かなり楽になります。が、パワーウィンドウな
どの再設定も必要となります。
ここでは色々な說明をあえて省きますが、マイ
ナス端子は外しておきましょう。
アイドリング3
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
これからはスロットルボディー本体を外して
行きたいとおもいます。赤○の部分のボルトを
まずは緩めておきます。この作業は次の作業に
つながるので一旦緩めるだけにしておいてくだ
さいね。スロットルボディーの入り口だけを
見るととてもキレイに見えますよね〜。
少しスロットルボディーの清掃だけでは治らな
いではないか?不安ですよね?大丈夫です。
よくあるあるですが、キャブクリーナーを散布
してアイドリング不調を改善しようとこころ
みる方もいらっしゃいますか方もいますが実は
スロットルボディーの裏側に問題があることが
多く、スロットルボディー自体を外して、清掃
しないと改善されないことがほとんどです。
少し面倒ですがスロットルボディーは完全に
外しましょう。キャブクリーナーを吹きかけた
だけではまったく改善されないです。なので
私はスロットルボディーを新品交換とか中古と
かで対応したことがありません。なぜなら清掃
でほとんどケースで修理出来てしまうからです
アイドリングスピードコントロールバルブなど
が劇的に不良している場合や水没している場合
等以外は、ほぼ改善されます。なので本当に
参考にしてみて下さいね。
アイドリング4
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
てな感じで作業を進めて行きたいと思います。
赤ラインのステイを矢印方向に外して行きたい
とおもいます。ハーネス関係をごっそり移動
させる感じで4箇所のボルトやナットを外しま
す。ここが意外と面倒くさいのですが、プロの
テクで・・・・・・・・・
アイドリング5
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
てな感じでスロットルボディーを外し・・・・
ここでタペットカバーも外しました。ここで
テクニックがある人はタペットカバーを外す
必要はありません。ここでの判断は赤矢印の
ウォーターラインを外せるかどうかです。
私は自身が無いのでタペットカバーを外しま
した。
アイドリング10
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
いや〜スロットルボディー様!酷い有様ですね

〜。真っ黒すぎですね。キャブクリーナーと
綿棒を駆使して清掃していきます。
以前にキャブクリーナーでの清掃方法を說明し
てあるので端的にお話します。まずはゴシゴシ
と磨かき過ぎないことと、バタフライの接地面
はキレイにすることですね。いずれにしても
気になる方はブログ内の関連記事を参考にして
みて下さいね。ただ今回のスロットルボディー
の清掃はここまでではありません。
アイドリングが不安定なことが問題であって、
エンストや加速不良の症状ではないので、さら
にスロットルボディー自体を清掃していきたい
と思います。
アイドリング11
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
スロットルボディーのISCV、アイドリング
スピードコントロールバルブの略ですね。それ
を分解していきます。基本的に非分解な部分
ですが今回は分解していきます。実はこれで
治ってしまうことがほとんどです。でも流石に
非分解でだけあって6ミリもビスを外すのも
容易ではありません!4本あるのですがメチャ
クチャ大変です。外し方も関連記事であるので
参考にしてみて下さいね。
アイドリング15
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
てな感じでISCVが外すことが出来ました!
赤矢印の部分がクルクル回り、ISCVの肝で
もあるシャッターを開閉してエアーの通り道を
制御しています。ここが固着してしまうとアイ
ドリング不良に直結してしまいます。
固着の原因はカーボンです。こればかりは目に
見えないのでメンテナンスのは出来ませんね。
アイドリング17
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
今回はなかなかのピントでシャッターを撮影し
てみました。青矢印がクルクル回ることで赤矢
印の部分のシャッターがエアーの通り道を制御
しています。清掃後でキレイになっていますが
アイドリング不良の原因はこのシャッターの
固着が原因と考えられます!
アイドリング20
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
最後に全てを組み付けてますが、自己学習機能
を行いたいと思います。赤矢印のバックアップ
ヒューズを10分程度抜きます。
あとはエンジンをかけて20分位アイドリング
してみて下さい。きっとアイドリングは安定し
ていると思います。

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。
▼▼▼▼▼▼▼▼チェック▼▼▼▼▼▼▼▼▼
修理情報や電装品の取付なども多数掲載してい
るので、ぜひ岩下モータースのホームページに
遊びに来てくださいね。
岩下モータースにGO~

▲▲▲▲▲▲▲▲チェック▲▲▲▲▲▲▲▲▲

車検
ここで少し車検のご案内をさせて頂きます。
詳しい情報は岩下モータースの公式ページの
車検案内を御覧ください。
いかがですか?静岡市清水区の岩下モータース

ではディーラー品質で低価な車検をお客様に
提案できます。見積もりまでは無料なので是非
とも岩下モータースまでお問い合わせください

またナリタオートサービス様の公式ページの
ブログでも参考になる記事が沢山あるので是非
参考にしてみてください。
ナリタオートサービス

 

 

 

最近の記事

  1. エアコン17

    2024.05.28

  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP