ブログ

トヨタハイエースのオーバーヒートの修理

■■■■■■■■ブログ■■■■■■■■■■
こんにちわ。静岡市清水区で車の車検や整備を
行っている岩下モータースの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
ています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。また岩下モータースのHPにも
200に及ぶブログがあるので一度覗いてみて
下さいね。
■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
今回はトヨタハイエースのオーバーヒートの
修理方法を紹介していきたいと思います。
お客様から水温計が真ん中よりも、少し高い気
がするということで、入庫いたしました。
ボンネットを開けてみると、サブタンクは空で
ラジエターの方も、あまり冷却水が入っていな
い様です。
オーバーヒート1
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
サブタンクのゲージラインに来るまで、1・5
リットルの水が入りました。これは完全に冷却
水がどこかで漏っている状態ですね~。
オーバーヒート2
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
と、よく見るとラジエターのアッパーケースの
つなぎ目から、冷却水の漏れ後がありました。
オーバーヒート3
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
エンジンのアンダーカバーには冷却水が垂れた
あとがしっかりと確認出来ました。
オーバーヒート4
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
ハイエースのラジエターの交換は非常に大変で
前廻りはほぼほぼ外さなければなりません。
オーバーヒート5
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
今回はコンデンサーを外さないで、ラジエター
を交換していきます。コンデンサーを外すと
エアコンガスも再度入れ直しになり、出費も
かさむからです。ラジエターは少しコンデンサ
ーをずらし、横から抜き取ります。
オーバーヒート6
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
社外新品のラジエターで今回は対応しました。
後は組み付けて、冷却水のエアー抜きをしつこ
いくらいやり、冷えたら再度、冷却水の量を
確認して、作業は完了となります。

 

 

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼チェック▼▼▼▼▼▼▼▼▼
修理情報や電装品の取付なども多数掲載してい
るので、ぜひ岩下モータースのホームページに
遊びに来てくださいね。
岩下モータースにGO~

▲▲▲▲▲▲▲▲チェック▲▲▲▲▲▲▲▲▲

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ここで岩下モータースについて少しご案内をさ
せて頂きます。見逃し厳禁↓お得な情報が盛り
だくさん掲載されているので是非ご覧ください
弊社では、静岡市清水区で女性一人でも安心し
て来客出来る店舗です。
代車はもちろん無料提供し入庫から納車まで
行っております。修理には中古品やリビルト品
を使用しています。
いかがですか?岩下モータースではディーラー
品質で低価な車検や整備を、お客様に提案でき
ます。見積もりまでは無料なので、是非とも
岩下モータースまでお問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
またページの下部では試験的に弊社とAIの
生成文章をこの記事のまとめとして掲載してい
るので、暇な時に確認してみてください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
ここで関連同業者様のご紹介をさせて頂きます

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
千葉県にあるナリタオートサービス様の
公式ページのブログでも参考になる記事が沢山
あるので是非参考にしてみてください。
ナリタオートサービス
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
山形県寒河江市の女性ひとりでも怖くない
自動車整備工場、北斗クラフト様。
お客様とのエピソードを中心にしたブログを
更新しています。
有限会社 北斗クラフト

▼▼▼▼▼▼▼▼▼まとめ▼▼▼▼▼▼▼▼▼

トヨタハイエースのオーバーヒート修理方法
トヨタハイエースがオーバーヒートする場合、
その原因と修理方法を理解することが重要で
す。オーバーヒートはエンジンにとって深刻
な問題を引き起こす可能性があるため、早急に
対処する必要があります。以下に、オーバー
ヒートの修理方法についての情報をまとめまし
た。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼まとめ▼▼▼▼▼▼▼▼▼
原因と基本的な対処法
冷却水の漏れ: オーバーヒートの一般的な原因
は冷却水の漏れです。冷却水が不足すると、
エンジンの温度が上昇し、オーバーヒートに至
ります。冷却水の漏れがある場合は、漏れの
原因を特定し、修理する必要があります。

ラジエーターの交換: ラジエーターに問題が
ある場合、冷却効率が低下し、オーバーヒート
を引き起こすことがあります。ラジエーターの
損傷や詰まりが確認された場合は、交換が必要
です。

緊急時の対処法
エンジンの冷却・アイドリング状態で水温が下
がらない場合は、エンジンを停止し、ボンネッ
トを開けてエンジンを冷却させます。また、
ラジエーターを確認し、必要であれば冷却水を
追加することも有効です。

オーバーヒートはエンジンにとって深刻なダメ
ージを与える可能性があるため、早めの対処が
重要です。上記の情報を参考に、適切な修理や
メンテナンスを行ってください。また、自分で
修理が難しい場合は、専門のメカニックに相談
することをお勧めします。

オーバーヒートに関する情報は、専門的な知識
に基づいていますが、状況によっては異なる
場合があります。正確な診断と修理のためには
専門家の意見を参考にすることが最善です。

最近の記事

  1. キャンター1
  2. エアコンが効かない10
  3. エアコン17
  4. モコ3
  5. ヒューズ1

カテゴリー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ACCESS

岩下モータース

〒421-3101 
静岡県静岡市清水区由比入山1977

【営業時間】7:30~17:30
【TEL】054-375-3083
【緊急時TEL】080-2619-4407

PAGE TOP