ブログ

キャンターのエンジンがかからない始動不良を徹底…

■■■■■■■■ブログ■■■■■■■■■■
こんにちわ。静岡市清水区で車の車検や整備を
行っている岩下モータースの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
ています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。また岩下モータースのHPにも
200に及ぶブログがあるので一度覗いてみて
下さいね。
■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
今回はキャンターの始動不良の修理方法を紹介
していきたいと思います。
走行距離は23000キロということもあり
セルモーターを疑うことなく、様々な場所を
調べ作業をしていき、かなりの遠回りをして
セルモーターに行きつきました。
セルモーター1
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
まずはセルモーターを交換する前にバッテリー
のマイナス端子を外しておきます。
セルモーター2
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
セルモーターはエンジン下部の左中央にありま
す。いつものところですね。
セルモーター3
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
このキャンターのセルモーターの取り付けボル
トは3本です(珍しい)
セルモーター5
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
セルモーターを外すには、オイルレベルゲージ
をずらさないと抜けません!
セルモーター6
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
はい!どういうこと?サビサビやん!
セルモーター7
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
サビは酷いものの、23000キロということ
もあり、内部はしっかりとしているので、オー
バーホールで修理することにしました。
セルモーター10
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
念の為、2つのリレーを交換します。
セルモーター13
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
スターターリレーを交換。
セルモーター17
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
助手席のダッシュボード奥に駆動用リレーが
あります。
セルモーター100
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
リレーは2段目の中央になります。
これで作業は完了!エンジンも難なくかかる様
になりました。

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼チェック▼▼▼▼▼▼▼▼▼
修理情報や電装品の取付なども多数掲載してい
るので、ぜひ岩下モータースのホームページに
遊びに来てくださいね
岩下モータースにGO~

▲▲▲▲▲▲▲▲チェック▲▲▲▲▲▲▲▲▲

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ここで岩下モータースについて少しご案内をさ
せて頂きます。見逃し厳禁↓お得な情報が盛り
だくさん掲載されているので是非ご覧ください
弊社では、静岡市清水区で女性一人でも安心し
て来客出来る店舗です。
代車はもちろん無料提供し入庫から納車まで
行っております。修理には中古品やリビルト品
を使用しています。
いかがですか?岩下モータースではディーラー
品質で低価な車検や整備を、お客様に提案でき
ます。見積もりまでは無料なので、是非とも
岩下モータースまでお問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
またページの下部では試験的に弊社とAIの
生成文章をこの記事のまとめとして掲載してい
るので、暇な時に確認してみてください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
ここで関連同業者様のご紹介をさせて頂きます

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
千葉県にあるナリタオートサービス様の
公式ページのブログでも参考になる記事が沢山
あるので是非参考にしてみてください。
ナリタオートサービス
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
山形県寒河江市の女性ひとりでも怖くない
自動車整備工場、北斗クラフト様。
お客様とのエピソードを中心にしたブログを
更新しています。
有限会社 北斗クラフト

▼▼▼▼▼▼▼▼▼まとめ▼▼▼▼▼▼▼▼▼
キャンターの始動不良についてのトラブルシュ
ーティング
キャンターの始動不良は、いくつかの原因に
よって引き起こされる可能性があります。
ここでは、その原因と対処法について詳しく
見ていきましょう

原因と対処法
ハーネスの動き: 車両の振動によりハーネスが
動き、コネクタ内で端子が繰り返しオンオフを
繰り返すことで、短絡や発熱を引き起こすこと
があります。

燃料ポンプや燃料フィルターの故障燃料ポンプ
や燃料フィルターが故障している、または燃料
ラインが詰まっている場合、燃料供給が不十分
になり、エンジンが始動しにくくなることが
あります。

AdBlueの詰まり
AdBlueの詰まりによりエンジン始動不良が
発生することがあり、メーター上のエンジン
チェックとAdBlueの警告灯が点灯します。
現場での解決策はありません。

メーターヒューズの切断
2009年9月9日にメーターヒューズの切断、
2011年2月7日にヒューズの吹き飛びにより、
エンジン始動トラブルが発生しました。
始動不良の原因は様々ですが、上記の情報を
参考にトラブルシューティングを行うことで、
問題の解決に近づけるかもしれませんね。
もし不安があれば、専門のメカニックに相談
するのも良いでしょう。

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP