ブログ

スズキスペーシアのヒューズからの電源取り出し方…

ブログ
こんにちわ。静岡市清水区で車の整備や車検を
行っている岩下モータスの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決
出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
ています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。
症 状
今回はスズキのスペーシアの電源取り出し方法
を解説していきたいと思います。電源取り出し
方法にも様々な方法がありますが、今回は後付
けの電装品を着けると想定して場合の簡単な
方法を紹介していきたいと思います。
電源1
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
まずは室内のヒューズブロックの場所を確認し
ていきたいと思います。取説にも記載してあり
ますが、運転席側の足元付近にあります。
下から覗きこまないとヒューズブロックは見え
ないので少し確認しづらいですね。
電源2
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
このような感じになっています。かなり見づら
いですね。ヒューズカバーは付いておらず配列
の詳細も取説を確認しないとわかりません。
電源3
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
今回ヒューズをテストする検電器はモノタロウ
の検電器になります。通電すると音で教えてく
れる検電器です。もう10年くらい使用してい
ますが壊れることまなく、とても重宝していま
す。価格も安いので購入しておいても良いと思
います。
電源4
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
まずはヒューズブロック側の電力方向の確認を
していきます。とても重要な作業なので、是非
参考にしてみてください。
ヒューズの差し込み方向には向きはないのです
が、ヒューズブロック側には意外と知られて
いないのですが実は方向があるんです。今回も
検電器で確認していきます。点検ヶ所は15A
のホーンヒューズになります。まずはヒューズ
ブロックの端子の下側からテストします。端子
に検電器を差し込みキーをON。検電器は反応
しません。今度は上側の端子をテストします。
青矢印の部分ですね。検電器も反応してます。
ということは、この車のヒューズブロックの
電源側は上側の端子ということがわかります。
電源5
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
ヒューズブロックの電源がわかったので、電源
取出しヒューズを使用していきます。最近では
各ヒューズごとに取出しヒューズが販売されて
いてとても便利になっています。コスパも良い
いですよ。
電源7
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
というわけで上側から電源を取ります。もしも
反対に付けたらどうなるの?とよく聞かれる事
があります。反対(逆)に付けた場合は下流側
に後付けの電装品の電力も加算されてしまい、
もしもの過流電の時にキャパオーバーになり
ヒューズが飛んでしまい、関連の電装品に電力
が行かなくなり、機能しなくなります。また
ヒューズの取っていい場所なども見極めが必要
になってきます。
また以前のブログでも詳しく紹介しているので
是非参考にしてみてください。
電源10
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
ヒューズの内訳を紹介していきたいと思います
赤○がアクセサリー電源で黄色○が常時電源と
なっています。用途に合わせて使用してみてく
ださい。
電源15
↑↑↑■■■■↑の画像を参照■■■■↑↑↑
アクセサリー電源は13番、常時電源は17番
と共に15アンペアーと十分あるのでおススメ
ですね。

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。
岩下モータースにGO~
車検
いかがですか?静岡市清水区の岩下モータース
ではディーラー品質で低価な車検を
お客様に提案できます。見積もりまでは無料な
ので、是非とも岩下モータースまでお問い合わ
せください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
またナリタオートサービス様の公式ページの
ブログでも参考になる記事が沢山あるので是非
参考にしてみてください。
ナリタオートサービス

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP