ブログ

ダイハツS200系のスロットルボディーの学習方…

■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
今回はスロットルボディーを交換後のコンピュ
ーターの初期化と再学習の方法を紹介していき
たいと思います。エンジン型式EFーVE
車種限定になります。再学習をないとアイドリ
ングが不安定なままとなり走行に支障が出る
場合があるので必ず行って下さい。

スロットルボディー
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
赤○の部分が今回中古で変えたスロットルボ
ディーになります。
OBD
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
赤○の部分チェックコネクターは運転席側の
左奥にあります。なかなか奥ばった場所にある
ので覗き込んでみて下さい。

差込口
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
黄色矢印の部分がチェックコネクターです。


↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
チェックコネクターを正面からみた配置図にな
ります。今回は4番と12番を使用します。
配置図
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
チェックコネクターのT端子位置は変更されて
いるので気をつけてください。赤○の部分が
E端子で黄色〇の部分がT端子となります。
4番と12番を短絡します。後は配線の両サイ
ドの皮膜をはがしたものを用意しておいてくだ
さい。
短絡させる。
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
では手順を説明していきますね~。
1イグニッションをON(エンジンは始動しな
いでください。)
2T端子を短絡→ヘッドライトスイッチをON
 →ヒーターブロアスイッチをON→アクセル
 全開。これら4点を10秒以上保持します。
3先ほどの4点の条件を全て解除して、イグニ
 ッションをOFF。
4イグニッションOFFを3秒以上保持したら
 イグニッションをON!
これでコンピューターの初期化と再学習が完了
となります。

■■■■■■■■まとめ■■■■■■■■■■
再学習をすれば、ISCが自動的にスロットル
を基準開度まで作動してくれます。この作業で
エンジンのバラツキやアイドルアップなどが
正常に作動します。自己責任ではありますがこ
のひと手間でかなりエンジン不調も改善されま
す。

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大事なお車の修理を
行っております。
地域に45年!そのノウハウで販売、修理
鈑金塗装等、幅広い仕事をさせて頂いて
おります。

お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
のでお気軽にお問い合わせください。

静岡市清水区の岩下モータースに
お気軽にお問い合わせください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://shizuoka-syaken-seibi.com/

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP