ブログ

スズキソリオバンディットの電源取り出しは簡単解決

■■■■■■■■ブログ■■■■■■■■■■
こんにちわ。岩下モータースの望月です。
こちらのブログでは、お客様のお車のお悩みや
チョットした疑問を、日々の作業の中で解決が
出来る様に、質の高い記事をブログにて公開し
ています。
必ず解決できると思うので、是非参考にしてみ
てください。
■■■■■■■■症 状■■■■■■■■■■
今回はスズキの新型ソリオバンディットの電源
取り出し方法を紹介していきたいと思います。
新型ソリオバンディットにミラー型ドライブ
レコーダーを着けていくのですが、既に純正の
ナビが付いているので、本来ならナビ裏から
電源を取り出しますが、今回は新車納めと納期
が迫っているので、助手席のダッシュボード下
のヒューズボックスから電源を取り出していき
たいと思います。
ミラー型ドライブレコーダー1
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
取り付けるミラー型ドライブレコーダーは国産
のコムテックZDR038になります。お値段
は4万前後と少しお高いですが、安心の国産性
で弊社では何百台と施工しましたが、いまだに
故障事例はありません。またお客様も増車する
際には、またコムテックを着けて欲しいと言っ
て頂いて、大好評です。
少し話は脱線しますが、以前お客様が持ち込み
でドライブレコーダーを着けて欲しいとの事で
5件くらい施工したことがありますが、4件は
トラブルになりました。どこのメーカーとは
言いませんが、中国生産で、なじみのあるメー
カーです。取付中にボタンが取れる、そもそも
電源が入らない、数日後に消灯し復活出来ない
など様々な事例があり、弊社でも大変心苦しい
思いをしました。なのでお客様にどこのドライ
ブレコーダーがおススメ?と聞かれたら迷わず
コムテックをおススメしています・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・余談ですね!
ミラー型ドライブレコーダー2
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
さて作業開始です!まずはルームミラーとフロ
ントレーダーカバーを外して行きます。
黄色の矢印の部分にはクリップが2個着いてい
るので外して、ミラーカバーを内張り剝がしで
こじれば簡単に外す事が出来ます。
フロントレーダーカバーは赤矢印の方向に外し
て行きますが、かなり硬いので注意が必要です
私も外した事がなく、車も新しくデーターが
無いので度胸で外しました!是非参考にしてみ
てください。
ミラー型ドライブレコーダー3
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
画像にはありませんが、ETCもつけるので、
常時電源とアクセサリー電源の2種類の電源を
確保しなければいけません。黄色枠が常時電源
赤色枠がアクセサリー電源となっています。
意外と電源が取れるところが多いですよね。
常時電源ハザード、ホーン、ルームランプから
取れます。車のキーが刺さっていない状態で、
作動できる場所になります。アクセサリー電源
はアクセサリーやラジオなどから取れます。
他にも取れる場所はありますが、以前に他の
ブログでも説明してあるので、是非参考にして
みてください。
ミラー型ドライブレコーダー5
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
意外にも知られていない事ですが、ヒューズの
メス側にはプラスとマイナスがあるので検電器
で確認しましょう。ヒューズ事態はどちらの
方向で差し込んでも構いません。検電器などで
ヒューズをあてて、キーをアクセサリーにした
時に通電する方がプラス側になります。黄色
矢印が今回はプラス側になっています。
ミラー型ドライブレコーダー10
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
なのでヒューズの電装側(ミラー型ドライブレ
コーダー)が上になります。矢印の部分にな
りますね。こちらも以前のブログで詳しく紹介
をしているので、是非参考にしてみてください
ミラー型ドライブレコーダー11
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
ミラー型ドライブレコーダーのリアカメラの
ケーブルを通していきます。赤線に沿ってケー
ブルを通していくのですが、とても大変です。
黄色○の部分にメクラ蓋が付いているので2個
外しておくと便利です。配線通しなどで、黄色
穴を何度か中継させて最終的にはバックパネル
の裏まで通していきます。
ミラー型ドライブレコーダー15
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
ETCの配線やドライブレコーダーの配線など
赤線に沿って這わしていきます。気を付けて
欲しいところはエアーバックなどに干渉しない
様に注意して下さい。
ミラー型ドライブレコーダー20
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
リアカメラはこんな感じで綺麗に施工が出来ま
した。苦労はしましたがケーブルが見えるのは
わずか3センチ程度で、スッキリ隠す事が出来
たと思います。
ミラー型ドライブレコーダー35
↑↑↑■■■■■■■■■■■■■■■↑↑↑
フロントカメラもこの様にいい感じに施工がで
きました。また線ですがワイパーの通り道に
なります。フロントカメラのアングルが赤線の
部分より下に来るように注意して下さい。
何故かというと雨の日に、水滴にカメラの焦点
があってしまい、ピンボケになってしまうから
です。是非注意して下さいね。以上で作業は
終了となります。今回はヒューズの付け方に
フューチャーしてみました。弊社のブログで
様々な取付方法や、修理情報を掲載しているの
で参考にしてみてください。

岩下モータースでは静岡市から富士市エリア
を中心に、お客様の大切なお車を地域に45年
間お守りしております。
お車のチョットした疑問などを解決できる様に
日々心がけております。
また修理の見積もりのご依頼も承っております
ので静岡市清水区の岩下モータースにお気軽に
お問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼チェック▼▼▼▼▼▼▼▼▼
修理情報や電装品の取付なども多数掲載してい
るので、ぜひ岩下モータースのホームページに
遊びに来てくださいね。
岩下モータースにGO~

▲▲▲▲▲▲▲▲チェック▲▲▲▲▲▲▲▲▲
ここで岩下モータースについて少しご案内をさ
せて頂きます。見逃し厳禁↓お得な情報が盛り
だくさん掲載されているので是非ご覧ください
弊社では、静岡市清水区で女性一人でも安心し
て車検ができるおすすめの店舗です。代車の提
供や納車のサービスがあり、修理には中古や
リビルト品を使用しています。

▼▼▼▼▼▼▼▼ご案内▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
車検
いかがですか?ディーラー品質で低価な車検を
お客様に提案できます。
見積もりまでは無料なので、是非とも弊社の
岩下モータースまでお問い合わせください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
またナリタオートサービス様の公式ページの
ブログでも参考になる記事が沢山あるので是非
参考にしてみてください。
ナリタオートサービス

最近の記事

  1. エアコン17
  2. モコ3
  3. ヒューズ1
  4. エンジン不調1
  5. ナビ3

カテゴリー

2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP